トレチノインハイドロキノン乳首

トレチノインハイドロキノンと乳首の美白について

トレチノインハイドロキノンと乳首の美白について

トレチノインハイドロキノンと乳首の美白について

 

トレチノインハイドロキノン療法はシミや肝斑の美白治療だけでなく、女性であれば誰もが気になるコンプレックスの乳首の黒ずみを美白する治療法としても驚くような効果があります。

 

これは東京大学の美容整形外科、吉村教授がトレチノインハイドロキノン療法について学術論文を発表した際にも、乳首の黒ずみを除去する方法に最適として学会で発表されています。

 

またトレチノインハイドロキノン療法の治療は、自宅で出来る美白治療法で、美容クリニックや美容整形外科で乳首の黒ずみを見せなくても手軽に治療できることから、大変人気になっています。

 

通販で医薬部外品を購入しても解消されない悩み

通販でも乳首の黒ずみを解消するとかピンクにするなどというキャッチコピーの医薬部外品や美容化粧品を見かけ私もいろいろ試しましたが、乳首の黒ずみが気になっている女性にとってほとんど効果が無いといってもいいくらいです。

 

というのも黒ずみはメラニン色素が色素沈着していますので、ターンオーバーを促進して色素沈着を持ち上げるトレチノインと、黒ずみの原因に直接作用して漂白するハイドロキノンで治療しなければ、改善することが難しいからです。

 

美容整形外科でも乳首の黒ずみは治療できる

人気の女性誌の身体の悩みアンケートで毎回のように1位になる乳首の黒ずみは、今や女性にとっては何としても解消したいトラブルのひとつとなっています。

 

というのも、乳首や乳頭が黒いというだけで遊んでいる女性とか、軽い女性などという悪いイメージで見られてしまうので、新しい恋などにも消極的になってしまったり、結婚をしたくても自信がないなど、ネガティブ要因になってしまうからです。

 

通常、美容整形外科ではトレチノインハイドロキノン療法は1ヶ月に3万円〜5万円程度の費用がかかりますし、治療期間は最低3ヶ月〜長い場合は1年ほどになりますので、費用の負担を考えると諦めてしまう女性も多いのが現状です。

 

ただ個人輸入の信頼できる通販サイトのオオサカ堂を利用すれば、美容整形外科で処方される治療薬と同じ効果の海外医薬品があり、ユークロマクリームとスティーバAを購入すれば1ヶ月の治療薬代が2つ合わせても4,000円程度で購入できます。

 

※トレチノインジェルはセメダインの様なくさい臭いと、ゲルの色も薄く、トレチノイン効果が感じられずポロポロと剥がれてくることもあまりない状態で、私が使って失敗しましたので、少し高くてもスティーバAをオススメします。

 

トレチノインハイドロキノン治療薬の最安値はこちら

 

ユークロマ クリーム(Eukroma Cream)ハイドロキノン4%の詳細はこちら

 

 

BIHAKUEN トレチノイン0.1%の詳細はこちら

 

個人輸入のオオサカ堂「リアルタイム」売れ筋ランキング【スキンケア】

※トレチノインジェルは臭いと効果の面でオススメできません。スティーバAがオススメです。

関連ページ

トレチノインハイドロキノンの市販薬はあるの?
トレチノインハイドロキノン療法は美容整形外科や美容皮膚科で推奨される最新の美白治療法として有名になりましたが、東京大学の整形外科の医師である吉村教授が学会で「トレチノインハイドロキノン療法」が最も効果的な美白治療法であると発表したことで、一気に各病院へ広まっていきました。
トレチノインハイドロキノンと経過について
トレチノインハイドロキノン療法という美白治療法を施術すると、どういった経過になるのか気になる方も多いと思いますが、美白治療は基本的に3ヶ月間治療して2週間治療を止めるサイクルを1クールとしています。

ホーム RSS購読 サイトマップ