トレチノインハイドロキノン経過

トレチノインハイドロキノンと経過について

トレチノインハイドロキノンと経過について

トレチノインハイドロキノンと経過について

 

トレチノインハイドロキノン療法という美白治療法を施術すると、どういった経過になるのか気になる方も多いと思いますが、美白治療は基本的に3ヶ月間治療して2週間治療を止めるサイクルを1クールとしています。

 

3ヶ月間治療しても更に美白が必要な場合は2週間休んだ後、再度3ヶ月治療するという事になりますが、なぜ2週間お休みするのかといえば、トレチノインハイドロキノン療法にお肌が慣れてしまい、それ以上継続して使用していても美白効果が無くなるので、お肌をリセットするために2週間以上治療を止める期間が必要になります。

 

トレチノインハイドロキノン療法の経過については

トレチノインハイドロキノン療法を始めると、最初の数週間は肌に赤みが出たり、軽い炎症のような感じになりますが、これは副作用ではなくむしろ美白治療を正常に行うための正しい通過点になります。

 

2〜3週間で赤みや軽い炎症などは治まりますが、もしそれ以上続くようであれば、最寄りの皮膚科に相談してください。

 

またトレチノイン治療薬の効果で皮膚のターンオーバーが促進され、肌の角質層がポロポロと剥がれ落ちてきます。

 

この時にシミやそばかす、黒ずみや肝斑のもとになるメラニン色素も一緒に角質層へと押し上げられてきます。

 

トレチノインハイドロキノン療法の経過と注意点について

トレチノインハイドロキノン療法の治療中の注意点については、2つだけは絶対に守るべきものがあります。

 

一つ目は、治療中は肌がいつも以上に乾燥しますので、乾燥肌でなくても保湿効果の高い美容液や美容ゲル、低刺激の保湿クリームなどが必要になります。

 

化粧水で肌を整えて、化粧水が乾いたら気になる部分にトレイチノイン、乾燥後その上にハイドロキノンを塗布します。

 

15分位経過したら、今度はお肌にあった低刺激の美容液や保湿ゲル、クリームを塗り肌の乾燥を防ぐことが重要です。

 

メイクはその後、普通にできますので、安心してください。

 

二つ目は、皮膚が薄くなり刺激を受けやすい状態になり、この時に刺激を受けると色素沈着の要因にもなりますので、夏でも冬でも紫外線対策をしっかりと行ってください。

 

保湿と紫外線対策で外部からの刺激から肌を守ることが治療中の注意点になります。

 

シミやそばかすなどは3ヶ月の治療ですっかり消えるものもあり、乳首の黒ずみなどは3ヶ月〜半年ほどでコンプレックスが消えるほど改善していきます。

 

トレチノインハイドロキノン療法の治療薬をオオサカ堂で購入する場合は、ユークロマクリームとスティーバAが日本の美容皮膚科などで処方される治療薬と同じ効果になりますのでオススメです。

 

※トレチノインジェルはセメダインの様なくさい臭いと、ゲルの色も薄く、トレチノイン効果が感じられずポロポロと剥がれてくることもあまりない状態で、私が使って失敗しましたので、少し高くてもスティーバAをオススメします。

 

トレチノインハイドロキノン治療薬の最安値はこちら

 

ユークロマ クリーム(Eukroma Cream)ハイドロキノン4%の詳細はこちら

 

 

BIHAKUEN トレチノイン0.1%の詳細はこちら

 

個人輸入のオオサカ堂「リアルタイム」売れ筋ランキング【スキンケア】

※トレチノインジェルは臭いと効果の面でオススメできません。スティーバAがオススメです。

関連ページ

トレチノインハイドロキノンの市販薬はあるの?
トレチノインハイドロキノン療法は美容整形外科や美容皮膚科で推奨される最新の美白治療法として有名になりましたが、東京大学の整形外科の医師である吉村教授が学会で「トレチノインハイドロキノン療法」が最も効果的な美白治療法であると発表したことで、一気に各病院へ広まっていきました。
トレチノインハイドロキノンと乳首の美白について
トレチノインハイドロキノン療法はシミや肝斑の美白治療だけでなく、女性であれば誰もが気になるコンプレックスの乳首の黒ずみを美白する治療法としても驚くような効果があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ