トレチノイン効果

トレチノインの効果と治療法

トレチノインとは

美白成分のトレチノイン酸とは

 

トレチノインとは、シミ、ソバカス、ニキビ、ニキビ跡、シワ、たるみに効果がある塗り薬です。

 

トレチノインは、肌の角質を剥がすピーリング、ターンオーバー促進効果と、皮脂の過剰分泌を抑える皮脂コントロール効果と、肌の内部でコラーゲンを増やす肌のハリやシワ改善効果という3つの効果があります。

 

トレチノインはレチノールという成分で市販の化粧品にも含まれていますが、その濃度はトレチノイン0.1%の100分の1程度でごく微量となっています。

 

化粧品に配合されているレチノールは、活性機能が殆どありませんが、トレチノインはニキビ肌やオイリー肌の改善効果もあり、ハイドロキノンと併用することでシミ、ソバカス、肝斑などを消し去る効果も高まります。

 

トレチノイン酸とはビタミンA(レチノール)の誘導体のことです。トレチノインは、人体の血液中にもごく微量ですが流れており、抗体反応やアレルギー反応を起こすことはありませんから安心です。

 

ユークロマ クリーム(Eukroma Cream)ハイドロキノン4%の詳細はこちら


トレチノインの特徴と効果

トレチノインの特徴と効果とは

 

トレチノインの特徴と効果について

美肌に有効なビタミンAは、もう美容に詳しい人ならご存知だと思いますが、その中でも、トレチノインは通常のビタミンAより安定して効果を出すビタミンA誘導体で、通常のビタミンAの約100〜300倍の活性力があるのです。

 

効果は高くても、既に体内にある成分ですので、アレルギー反応などのリスクはありませんし、アメリカではニキビやシワの治療薬としても許可されています。

 

トレチノインの一番の特徴は、肌の新陳代謝を高めて、皮膚の細胞分裂を促進、古い角質層を剥がすピーリング効果などがあります。

 

またターンオーバー促進の他にも、過剰な皮脂の分泌を押抑えるので、シワ、たるみの改善になったり、オイリー肌やニキビ肌の肌質を改善するという効果もあります。

 

BIHAKUEN トレチノイン0.1%の詳細はこちら


関連ページ

トレチノインの副作用について
トレチノインは、ビタミンAの一種でビタミンA誘導体のレチノイン酸とも呼ばれています。通常の基礎化粧品などにもレチノール(ビタミンA)は含まれていますが、トレチノインはレチノールの100倍の薬理作用(効果)があります。
トレチノインの使い方について
トレチノインの効果でも記載しましたが、トレチノインには新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進し、角質層からシミを追いだす効果があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ