ハイドロキノン副作用

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用について

ハイドロキノンの副作用とは

ハイドロキノン配合クリームを塗るとごくまれに、ハイドロキノンを塗布した部分が赤く(赤茶)変化して、かさぶたが落ちるようになりますが、結果的にシミやくすみ、ソバカス、肝斑の部分が角質層から剥がれ落ちます。

 

ハイドロキノンにはシミやシワの要因になるメラニンを漂白したり、メラニンの生成を抑制する効果がありますが、これはメラニン色素を生成する「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑制する効果があるためです。

 

そして、メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を作り出す細胞自体の数を減らす効果もあり、メラニン色素の生成を強力に抑制します。

 

ハイドロキノンの副作用については、日本人の肌の場合、ハイドロキノン5%までは問題が起こりにくいと言われていますが、個人差があることも確かです。

 

ハイドロキノンの副作用としてあげられる症例は、肌のかぶれ、赤み、アレルギー反応、白斑(肌の一部が白く抜ける状態)の可能性がありますので、心配な方は念のため、使用前にパッチテストを行うことをオススメします。

 

パッチテストは、顔の肌と同じくらいの皮膚の厚さになる手首の内側や、肘関節の内側など、血管が透けて見えるので皮膚が薄く、パッチテストの反応もよく分かります。

 

 

ユークロマ クリーム(Eukroma Cream)ハイドロキノン4%の詳細はこちら


ハイドロキノン単体で使うよりもトレチノインと併用することで

ハイドロキノンとトレチノインを併用することで

 

ハイドロキノンの美白効果は、トレチノインと呼ばれるビタミンA誘導体併用することで、格段に高まると言われており、ハイドロキノン・トレチノイン治療法が確立しています。

 

またハイドロキノン単体を肌に塗るよりも、トレチノインを塗った後、ハイドロキノンを塗ることで副作用のリスクも少なくなりますので、そういった意味でもハイドロキノンとトレチノインを併用することをオススメします。

 

 

BIHAKUEN トレチノイン0.1%の詳細はこちら


関連ページ

ハイドロキノンの効果と治療法
シミ、ソバカスの原因であるメラニン色素(メラノサイト)からシミを薄くする効果があり、別名は「肌の漂白剤」と呼ばれている程です。医薬部外品の美白化粧品にも配合されていますが、日本で市販されているものは、とても高額です。
ハイドロキノンの使い方
長期に渡りハイドロキノンとトレチノインを使用していると、お肌も慣れてきてしまい効果が薄れますので、トレチノインの治療は4〜6週間、ハイドロキノンの治療は8〜12週間したら一度治療をやめ、2〜4週間ほどお休みをします。

ホーム RSS購読 サイトマップ