ハイドロキノン効果

ハイドロキノンの効果と治療法

ハイドロキノンとは

美白成分のハイドロキノンとは

 

ハイドロキノンは強力な漂白作用の塗り薬です。

 

シミ、ソバカスの原因であるメラニン色素(メラノサイト)からシミを薄くする効果があり、別名は「肌の漂白剤」と呼ばれている程です。医薬部外品の美白化粧品にも配合されていますが、日本で市販されているものは、とても高額です。

 

すでに存在するシミを消す効果は、ビタミンCよりも高く、これから出来るシミ予備軍の予防までしてくれるのがハイドロキノンです。

 

 

ユークロマ クリーム(Eukroma Cream)ハイドロキノン4%の詳細はこちら


ハイドロキノンの特徴と効果

ハイドロキノンの特徴と効果とは

 

ハイドロキノンの特徴と効果とは

ハイドロキノン(ヒドロキノン)は、メラニンを作るチロシナーゼの働きを阻害して、メラニン色素を作る元となるメラノサイトも壊す働きがあり、最も強力な美白剤のため、肌の漂白剤などと呼ばれています。

 

ハイドロキノンは元々、工業用に使用されていました。写真の現像や酸化防止原料、農薬原料などに使用されていましたが、漂白作用があまりに強力であることから、美容業界で話題になり、安全性を確かめる研究が盛んになりました。

 

結果、肌に使用しても安全性が確認され、肌の美白剤として多くの化粧品や医薬品に使われるようになりました。

 

基本的に濃度が高いほど、美白効果がありますが・・・

ハイドロキノンが高濃度である程、美白効果は期待出来ますが、副作用などの心配もあるために、化粧品ではあまり高濃度のものは販売されていません。ちなみにアメリカではハイドロキノン2%を超えると医師の処方箋が必要になります。

 

日本人の肌には、通常ハイドロキノン5%までは安心と言われています。5%を超えるハイドロキノンを使用する場合は、医師に相談のうえで使用することをオススメします。

 

BIHAKUEN トレチノイン0.1%の詳細はこちら


ハイドロキノンとトレチノインを併用すると

トレチノイン・ハイドロキノン治療法

 

ハイドロキノンのデメリットとして、皮膚浸透力が弱いことがあります。

 

ハイドロキノン単体で使用すると、どうしても肌に浸透するチカラが弱いので効果が薄いのですが、トレチノイン酸とセットで併用することで肌への浸透力が高まります。

 

さらにメラニンを排出する効果も高まりますので、シミ、ソバカス、色素沈着などが改善される効果が高まります。

 

ハイドロキノンとトレチノインを併用することで美白効果を高めるという事は実証されていて、美容クリニックなどでも確立された治療法となっています。

 

 

ユークロマ クリーム(Eukroma Cream)ハイドロキノン4%の詳細はこちら


関連ページ

ハイドロキノンの副作用
ハイドロキノンにはシミやシワの要因になるメラニンを漂白したり、メラニンの生成を抑制する効果がありますが、これはメラニン色素を生成する「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑制する効果があるためです。
ハイドロキノンの使い方
長期に渡りハイドロキノンとトレチノインを使用していると、お肌も慣れてきてしまい効果が薄れますので、トレチノインの治療は4〜6週間、ハイドロキノンの治療は8〜12週間したら一度治療をやめ、2〜4週間ほどお休みをします。

ホーム RSS購読 サイトマップ